講座紹介

文化・芸術に親しむ Course

講座名
13 美術品を修復する!絵画修復基礎講座
定 員
10名 [残席:募集終了]
受講料
3,500円(消費税込)
昨今、日本にいればどの国よりも世界中の絵画に触れる事ができるといわれるほど、最も有名な作品達の美術展が催されています。また、国内では春画や仏像など、長い間日の目を見る事のなかった美術品も注目を浴びるようになりました。では何故、紙や布、キャンバスなどに描かれた作品達が何百年後の現在も美しい状態で鑑賞できるのでしょうか? 

それは、"文化財や美術品を保存修復して後世に伝える"という世界共通の思いがあるからです。過去には上塗りや作品自体を壊してしまう材料の使用など、知識がなかったゆえの修復も行われていました。しかし現代ではその彼らの失敗や未熟だった修復方法から学び、作品に優しい、百年後もできる限り同じ状態で保存されている事を目標とした、様々な保存修復方法が編み出されています。

本講座では、第1回に基本的な保存修復、美的修復の作業工程の説明や絵を面白く観る際のポイントなどを学びます。第2回は実際に、修復工房内でとても重要なクリーニングの作業を体験していただきます。
この2日間だけで、絵の見方が大きく変わります!

■講座日時(全2回)

第1回 9月22日(金) 19:00-20:30 (座学)
 基礎的な保存修復、美的修復の作業工程について学ぶ

第2回 9月30日(土) 10:00-12:00 (実践)
 絵のクリーニングを体験する


■講師

第1回 大西 章夫 氏 
特定非営利活動法人美術保存修復センター横浜 理事長                         
2007年よりイタリア・フィレンツェで絵画保存修復を学ぶ。帰国後当センターの前身である青木絵画修復工房に入り、青木の元で学ぶ。2011年に特定非営利活動法人美術保存修復センターを設立。2016年より理事長に就任し、現在に至る。

第2回 野瀬 彩加 氏 
修復技術者
京都嵯峨芸術大学(現京都嵯峨美術大学)芸術学部造形学科油画コース卒業後、インド・タゴール国際大学版画学科へ留学。2012年特定非営利活動法人美術保存修復センター入社、現在に至る。


■会場

第1回 クイーンズスクエア横浜クイーンモール3F (一社)横浜みなとみらい21 会議室 [MAPはこちら]

第2回 特定非営利活動法人美術保存修復センター横浜


募集を終了しました。