講座紹介

自分をみがく Course

講座名
09 実際にハチミツを絞りながら学ぶ!「株式会社ミツバチ」〜莫大なハチミツを集める組織の秘密〜
定 員
30名 [残席:募集終了]
※最少催行人数 5名
受講料
2,000円(消費税込)
※ハチミツ小瓶(50g程度)付き
株式会社ミツバチ〜莫大なハチミツを集める組織の秘密〜
数万匹からなるミツバチの群れは、わずか一週間のうちに10キロを超えるハチミツを集めることがあります。一匹の体重は40mgしかないミツバチが、どのようにして莫大なハチミツを集めることができたのでしょうか?
一つの群れには数万匹にも及ぶミツバチがおり、相互に連携し、花蜜集めや子育て、巣作りなどの役割を分担し、まるで群れが一つの生き物の様に振舞います。
昆虫であるミツバチは、どのようにして数万の組織を統制しているのでしょうか?
共通利益のために個体同士が協調して、組織を作る。この姿は、会社組織のあり方と類似する部分があります。
この講座では、ミツバチの群れを会社組織に例えて、組織を空間的、時間的に俯瞰し、そのあり方について採蜜の体験時間も交えながらみなさんと考察していきます。絞ったハチミツはお持ち帰りいただきます。

■講座日時(全1回)

6月1日(金)18:30〜20:00(座学・採蜜体験)
 18:30〜19:20 
  ・自己紹介・講座概要
  ・みつばちとは?
  ・「株式会社ミツバチ」会社説明会→ミツバチの社会を会社に例えて説明
  ・質疑応答
 19:20〜20:00
  ・採蜜体験
  ・養蜂体験の紹介


■講師

岡田 信行 氏
オルト都市環境研究所 代表取締役(技術士、一級建築士)

主に都市緑化に関する調査・計画をする傍ら、ミツバチの飼育を通じて「ひと・まち・環境」をつないでいくことを目指した市民活動を実施している。
2007年に大学や研究機関、企業や行政など多様な視点をもつ方々が集い横浜の未来社会を考える集まり「横浜アーバンデザイン研究会:UDSY」に参加、横浜の緑を市民や街と結びつけるアクションなどの検討を行った。
UDSYでの検討をきっかけに2008年にHama Boom Boom!を立ち上げ、ミツバチの飼育を開始、現在は國學院大学らと共同して活動を展開している。2017年には横浜市立大岡小学校の総合学習の時間における養蜂活動にも協力している。


■会場

クイーンズスクエア横浜クイーンモール3F 一般社団法人横浜みなとみらい21 プレゼンテーションルーム [MAPはこちら]


募集を終了しました。