講座紹介

横浜を知る Course

講座名
05 ぶらり・ほろ酔い野毛 -野毛入門講座-
定 員
24名 [残席:募集終了]
※最少催行人数5名
受講料
1,500円(消費税込)
戦後闇市と造船所の作業員の胃袋を満たしながら発展してきた野毛。東急東横線の廃止に伴い始まった野毛大道芸は、いまや横浜を代表する一大イベントとなっています。みなとみらい地区にほど近いながらも、いまも昭和の面影を数多く残しつつ、600軒の飲食店が所狭しと軒を連なる野毛。そんな野毛に一度は足を踏み入れたいと思いつつも未体験の方におすすめの講座です。 
野毛の歴史と文化について、野毛大道芸アートディレクターの森直実氏のナビゲートで学びます。その後、大道芸ボランティアの会メンバーが昭和の面影を残す建物や個性的なお店を野毛のまちを散策しながらご案内いたします。 
解散後は、野毛入門には最適の「野毛手形」で探索してみてはいかがでしょうか。

■講座日時(全1回)

11月17日(土)14:30〜16:30 (座学・実践) 
 14:30〜15:30 「野毛の歴史と文化を学ぶ」(座学) 講師:森 直実 氏 
           野毛の歴史と文化、特徴のある飲食店、個性的な飲食店ご紹介いたします。
           また「野毛手形」の利用方法をご案内いたします。 

 15:40〜16:30 野毛のまちを散策(まち歩き) 
           大道芸ボランティアの会のメンバーが、美空ひばり像、ジャズ喫茶ちぐさ、野毛食べ物横町、
           柳通り、都橋ハモニカ横丁などをご案内いたします。 

※散策終了後は、気になるお店を探索してください。野毛手形のお店も紹介いたします。


■講師

森 直実 氏 
写真家・野毛大道芸アートディレクター 
1948年生まれ。横浜に育つ。父に連れられて、横浜の丘をスケッチして歩いたことが、子供の頃の思い出。10歳の頃から油絵を描き始める。武蔵野美術大学油絵科卒。その後イタリア国立フィレンツェ美術学校中退。滞欧中サーカス、大道芸に出会い魅了される。東京、横浜の公立中学校で美術教師を務め退職。銀座、横浜などで個展を多数開催し現在に至る。1986〜2005年、野毛大道芸AD、オフィシャルカメラマン。2005〜NPOヨコハマ大道芸実行委員会AD、オフィシャルカメラマン。国内外の大道芸、サーカスを取材、執筆中。横濱百景写真をライフワークとして撮影中(森直実氏オフィシャルホームページより)   

大道芸ボランティアの会 
野毛大道芸のボランティア有志により、2008年に結成。野毛を拠点に活動。野毛大道芸やヨコハマ大道芸の運営ボランティアのほかに、桜木町駅前の道案内「どこいき隊」や川崎ハロウィンやウエイターズレース(日本大通り)等のイベントのサポートを行っている。


■会場

野毛・宮川町会館4F(横浜市中区宮川町1丁目14)


募集を終了しました。