講座紹介

文化・芸術に親しむ Course

講座名
18 横浜みなとみらいホールのパイプオルガン「ルーシー」の魅力に迫る!
受 講 料
3,000円(消費税込)

横浜みなとみらいホール大ホールの正面に設置されたパイプオルガンは、国内でも最大の規模を誇ります。このホールのパイプオルガンには“光”を意味する「ルーシー」という愛称が付けられており、その名の通り、光輝くようなサウンドが魅力です。さらにデザインに横浜ならではのモチーフが使われていたり、小さなベルの音や鳥の鳴き声など珍しい音が出せたりと、実はとても奥深い楽器なのです。
そんなパイプオルガンの魅力をこの「ルーシー」の一番の世話役である、ホールオルガニストの三浦はつみ氏が、2日間にわたってご案内します。
第1回は、三浦はつみ氏による、オルガン演奏を鑑賞。その後、オルガンのそばまで行き、パイプオルガンの音が出る仕組みや「ルーシー」の特徴を学びます。さらに、大きいものでは長さ約10m、小さいものでは数cmの大小4,326本ものパイプが並ぶパイプオルガンの裏側も見学します。
第2回は、実際にパイプオルガンの鍵盤に触れ、音を出して演奏をミニ体験してみましょう。(1人1分程度)鍵盤の感触や音の響きなども体感してみてください。
パイプオルガンを聴くのが初めてという方でも、すぐに「ルーシー」のお友達になれるはず!

■講座日時(全2回)

第1回 4月17日(金)7:15〜8:15 (座学)
オルガン演奏の鑑賞&音が出る仕組みや特徴を学びます

第2回 4月24日(金)7:15〜8:15 (実践・座学)
ミニ演奏体験&パイプオルガン製作工程を「ルーシー」ができるまでの画像を見ながらレクチャーします。演奏鑑賞もあり!


■講師

三浦 はつみ 氏
横浜みなとみらいホール ホールオルガニスト
東京藝術大学音楽学部器楽学科オルガン専攻卒業。1996 年ボストン・ニューイングランド音楽院でアーティスト・ディプロマ取得。現在、フェリス女学院大学非常勤講師。横浜みなとみらいホールでは、1998 年開館以来、ホールオルガニストを務め、オルガン・1 ドルコンサート、こどものためのワークショップなどの企画、後進の育成プログラムにも力を入れている。
平成19 年度横浜文化賞 文化・芸術奨励賞を受賞。


■会場

横浜みなとみらいホール「大ホール」