講座紹介

横浜を知る Course

講座名
01 こうして「みなとみらい線」は誕生した
受講料
500円(消費税込)
みなとみらい線は、横浜駅からみなとみらい21地区を経由し、馬車道、中華街、元町、山下町、山手地区など、ビジネス・商業・観光など横浜を代表するエリアを結ぶ路線(営業キロ:4.1km、平成16年2月開業)です。平成25年3月には、開業時から相互直通運転を行っている東急東横線に加えて、東京メトロ副都心線、東武東上線、西武有楽町線・池袋線との相互直通運転を開始し、横浜都心部から東京を経由して埼玉県西部までの交通利便性が向上し、沿線地域に対して果たす役割が大きくなっています。
みなとみらい線の各駅は、駅を単なる通過する空間としてではなく、人々が滞在し楽しむことのできる場となることを目指して、街の顔となり、地域の中心的役割を担うよう、駅ごとに地域の特性に合わせた個性的な空間づくりが行われています。
みなとみらい線の事業経緯や各駅の特徴などをわかりやすく解説することで、皆さんが日ごろ働く、「港ヨコハマ」、横浜都心臨海部の成り立ちや未来の姿などを、みなとみらい線の鉄道史を踏まえて解説します。その後、個性的な駅施設を実際に訪れて、実体験していただくなど駅探索を行います。 [受講者には、みなとみらい線オリジナルグッズをプレゼント]

■講座日時(全1回)

10月18日(木) 18:30〜20:30
  18:30〜19:30(座学) みなとみらい線の鉄道史から見た港ヨコハマ
  19:30〜20:30(実践) 特徴的な駅施設の探索


■講師

大石 龍巳 氏
横浜高速鉄道株式会社 経営管理部長  


■会場

座学:一般社団法人横浜みなとみらい21 会議室
実践:みなとみらい線各駅


■その他

動きやすい服装で受講してください